ハイドロキシアパタイト

不思議な物質ハイドロキシアパタイト Ca10(PO4)6(OH)2 とは

不思議な物質ハイドロキシアパタイト

人の骨の60%、歯のエナメル質の97%、象牙質の70%がハイドロキシアパタイトからできています。合成ハイドロキシアパタイトであっても、人体になじみやすい、安全性の高いバイオマテリアルです。

1.様々な用途への応用

ハイドロキシアパタイトはその語源(ギリシャ語の「アパト」=「惑わす」)が示すように、非常に不思議な物質で、構成する元素の一部が抜けたり他の元素に置き換わっても、その基本構造は変わりません。

その結果、合成法により、歯の修復材や除菌剤、化学工業原料、抗菌剤の成分、医療用の材料など様々な用途にふさわしい異なった性質を持つ物質へと変化させることが可能です。

2.デンタル分野でのサンギの画期的な開発

サンギのハイドロキシアパタイトの研究における最大の成果は、1993年にむし歯予防成分として認可を受けた「薬用ハイドロキシアパタイト」です。 サンギ独自の技術により、歯のエナメル質へ直接働きかける成分の開発に成功しました。

薬用ハイドロキシアパタイトとは

薬用ハイドロキシアパタイト

  1. ハイドロキシアパタイトとは
  1. 薬用ハイドロキシアパタイトとは
  2. 認可までの歴史