株式会社サンギ

会社情報

アパタイトカンパニー

サンギは、バイオマテリアルでリン酸カルシウムの一種である「ハイドロキシアパタイト」を基軸に商品を開発・販売している「アパタイトカンパニー」です。

設立は1974年、サンギは貿易商社としてスタートしました。
当時NASA(米国航空宇宙局)から手に入れたバイオセラミック技術の特許からヒントを得て、4年後の1978年には、「エナメル質の修復」という発想から、世界で初めてハイドロキシアパタイト配合歯みがき剤の開発に成功しました。

サンギは、オーラルケア分野に限らず、ハイドロキシアパタイトの応用技術に専念した研究開発型の企業であり、アイディアを形にすることを優先するため、製造設備を持たず、開発した商品の製造を委託するファブレス企業でもあります。

歯みがき剤の他には、アパタイトは歯科材料やDDS(ドラッグデリバリーシステム/薬効成分の患部への運搬手段)、触媒、抗菌剤、食品、化粧品等、さまざまに応用される可能性を秘めており、私たちはこれらの可能性に挑戦しています。